「言葉のスキル」オンライン勉強会

<音楽と言葉>

これは永遠のテーマだと思います。

 

そこに「息」「身体」が関わってくる、

そして、私たちの「心」が関わってきます。

 

素敵なことですね!

 

演奏は決して素晴らしいテクニックを実現することだけではありません。

 

私たちは、音楽を通して「精神」「心」「生きること」に向き合っています。

 

その人の「心」や「生き様」が、

「息」となって、「響き」に変わリ、

その「音」は、人の心を動かします。

音楽の魅力は、果てしないものですね。

 

指導者が音楽を教えることというのは、心について考える機会を生徒と持つことだと思います。

 

「心が響きになる」というこの”感動的なこと”に

体と心を研ぎ澄まして向かうということ。

そこに指導者も生徒も分け入って行きます。

 

「音」は、演奏される音だけでなく、「言葉」もまた心を伴った「音」だと思います。

 

「音」である「言葉」は、とても大切なもの

その声がどんな響きであるかも、

どんな間で喋られるかも、

ましてや最適だと思って選ばれる「言葉」そのものも。

 

全てが、

その”音楽に触れる学び”が、

どのくらい”真意のある時間”になるかに

大きく関わってくるでしょう。

 

レッスン時間は、良い音楽が生み出される”イメージと創造の時間”でありたいから、

必要以上に多くを話す必要など無いでしょうけれど、

だからこそ、口にする言葉は、大きな意味を持ちます。

 

私たち指導者もまた、ある意味、言葉遣いのプロでなくてはならないと思います。

 

「音楽指導者が言葉について学ぶ機会」は様々に必要だと思います。

 

言葉の勉強の仕方は多種多様にありますが、

その中でも、

勝負の世界、スポーツの分野で語られる「ペップトーク」からは、

かなり貴重なことが、沢山学べます。

 

「ペップトーク」は

試合前の選手に監督やコーチが話す激励の言葉ですが、

その言葉からは、

『選手にスポーツを通して何を学んで欲しいのか』

『自分を思いっきり表現することの後押し』

『自分を信じること』

『生きるということ』

が感動的に伝わってきます。

 

そしてまた、

「ペップトーク」は指導者の人間としての心の有り様を磨く言葉でもあると思います。

 

話は変わりますが、医療の現場で、

ドクターが、

最期の時を眼の前にした患者に何を話すのか・・・

これは究極の「言葉と心の力」がそこにはなくてはならないでしょう。

 

 

私たち、音楽を教えるものは、

音楽を通してしか教えられないものを伝える使命があります。

 

その何かがいつも見えていることは大切です。

 

そのために、

指導者自身が思考や感覚を磨き、

心と体を柔軟にし、

自分にしかできない最良の時間を

レッスンを通じて生徒に与えたいですね!

 

わたくしが、3年前から、

一般社団法人日本ペップトーク普及協会代表理事岩崎由純先生と、

『言葉のスキルを学ぶ企画』を開催しているのは、

このような理由からです。

 

 

深い思慮と、思いやりと、明確な意思

相手を受け止め、

生徒の持つ様々な可能性を最大限に引き出しながら

音楽という世界に連れて行く

 

指導者としてご一緒に学びませんか?

 

==============================

音楽指導者のための「言葉のスキル」オンライン勉強会開催します!!!!

期日:8月23日(日)11時〜13時

zoom

ゲストスピーカー:一般社団法人日本ペップトーク普及協会代表理事 岩崎由純先生

 

お申し込みは、Salon.Kメールフォームよりお申込みください。

=================================

Salon.K企画
音楽指導者のための勉強会
【指導者が言葉がけで生徒の力を引き出していくための『言葉のスキル』を学ぶ勉強会】
-オンライン-
▪️8月23日(日) 11:00〜13:00
▪️zoom
【ゲストスピーカー】
岩崎 由純氏
一般社団法人 日本ペップトーク普及協会代表理事
【講演】
岩崎由純
小島裕子
【タイムスケジュール】
導入   5分
岩崎由純氏 講演 45分
休憩    5分
小島裕子 講演 40分
休憩    5分
質疑応答・ディスカッション 15分
結び    5分
【講演内容】
◆講師:岩崎由純
日本中でペップトークのご講演されているお立場から、音楽の指導にも役立つ「言葉がけ」についてお話ししていただきます。
◆講師:小島裕子
○イメージを的確に伝える言葉のスキル
○生徒の心と身体を導くことの出来る言葉のスキル
○音や息遣いとしての言葉
【対象者】
音楽指導者
※興味のある方ならどなたでも
【受講後の効果】
指導内容である”音楽”だけでなく教師の”言葉”にも力が備わってくることは、確実に指導者の力量が上がりますし、レッスンの質が向上することでしょう。
指導の目的を見直すきっかけにもなることでしょう。
【募集定員】

25名

【参加費】
1,500円
【申し込み期間】
2020年7月1日〜8月21日(金)20時まで
【お申し込み/お問い合わせ】
◇Salon.K
ホームページのメールフォームから
■8/23 「言葉のスキル」オンライン勉強会申し込みとお書き下さい。
==========================

≪講師プロフィール≫
◆講師 岩崎由純
一般社団法人日本ペップトーク普及協会代表理事
トレーナーズスクエア株式会社代表取締役社長
数々のトレーナーとしての資格を持ち
現在NECレッドロケッツ・コンディショニングアドバイザーとして活躍。
『やる気をなくす悪魔の言葉VSやる気を起こす魔法の言葉』(中央経済社)「心に響くコミュニケーション『ペップトーク』」(中央経済社)など数多くの著書を出版している。
◆講師 小島裕子
ピアニスト
ソプラノ
DKBODY ネバダ州立大学公認ピラティスインストラクター
Y.K.MUSIC AND BODY METHOD 代表
音のアンバサダー創設者 (指導者養成講座開講)
JMBA (日本音楽家ボディコンディショニング協会)理事
現在は、積極的な演奏活動を展開する傍ら、多くの音楽指導者や演奏家の指導にあたっている。
◆◆◆
「言葉」を共通項とした、ペップトークと音楽の二つの分野を結ぶこのコラボレーションによる活動は2018年に始まった。
以降、東京豊島区池袋において『音楽を教える人のためのペップトークセミナー』開催など、継続して活動が展開されている。今回は、このコラボレーション初めてのオンライン勉強会として企画されたもので、分野を超えて”大切なこと”を学んでいくための試みの一つである。
=========================================

ご案内動画

www.youtube.com/watch?v=wZxAsYgXOs8

IMG_0260